社会人必見!仕事効率を爆上げする仕事術3選

この記事をご覧の方は、仕事をする上でムダと感じることが多いですよね。

でもそう感じている多くの人が、仕事上のムダは仕方がないことだと諦めている方が多くいま。しかし、実は仕事のムダはあなたの仕事術で解消するのをご存知でしょうか?

今回は、タスク管理の方法や上手な情報収集のやり方、集中力持続と回復方法など、あなたの仕事効率を高める仕事術を3つご紹介いたします。

効率のいい仕事術とは?ムダを省く方法3選

「仕事術 効率」で検索すると、様々な仕事術が紹介されたサイトが表示されますが、情報量が多くて、どれが自分に合っているのか分からないという方が多いのではないでしょうか?

そこでここからは、どんな人でも集中して仕事が行える効率を高める仕事術を3つ紹介いたします。

1.1日の仕事を書き出し細分化する

朝は精神面や身体面で一番フレッシュな時なので、頭が冴えてやる気がでやすい朝に、1日の仕事をメモに全て書き出します。

この時、時間がかかる仕事は作業内容を細かく書き出す細分化を行うことで、「思ったより時間がかかってしまった」という事態を防ぐことができます。

メモに1日の仕事を書き出したら、1つの仕事別にどのくらい時間がかかるのか目安時間を書き出し、やる気があり余裕を持って取り組める朝から時間がかかる仕事を一番最初に行うようにすることで、仕事効率を大幅に高めることができます。

2.仮説を立てて行動する

会議の資料集めなどを行う際、「必要そうだからこれも調べておこう」となんとなく情報収集を行っている方が多いのではないでしょうか?

これだと不要な情報を集めてしまったり、情報の海におぼれて必要以上に資料集めに時間がかかってしまいます。

そのため、早い段階で仮説を立てる習慣を身に付けることで、集めるべき情報に見当やつくため、情報収集の時間を大幅に短縮し、濃い情報を集めることができ、仕事効率を高めることができます。

3.環境を変えて仕事する

もしあなたの職場が自由に仕事の場所を選べるのであれば、あなたが集中して仕事に取り組める場所で仕事をすることで、必要以上に集中力が切れることを防ぐことができます。

人は周囲の人の生活音や動きなどで、簡単に集中力が切れます。一度集中力が切れてしまうと、回復するまでに時間がかかるので、それが作業効率を大幅に下げてしまう原因になってしまいます。

そのため、自宅や空いている会議室・休憩室などで仕事を行うようにし、ネットがつながらない場合は、スマホとデザリングしたり、事前に安価なWi-Fiを契約しておくと便利です。

また、仕事の合間に短時間の休憩を挟むことで、集中力の持続と回復を早める効果があるので、自分に合った環境かで仕事することは、効率を高めるのに必要なことと言えます。

まとめ

あなたの仕事術を厳選することで、仕事効率を劇的に高めることが可能です。

1日の仕事を細かく書き出す

仮説を立てて良質な情報を集める

環境を変えて集中力をアップする

「仕事をちゃんとしたいのにムダなことが多い」と感じている方は、今回ご紹介したこの3つのことを試してみてくださいね。

PAGE TOP